デリヘルくらい熱い情熱とスペインの刺激的なことを集めてみた

デリヘルと同じくらいお祭りムードになるビッグスケールなお祭りや文化などスペインのことをご紹介

*

着工から130年、現在も建設中のバルセロナの顔

      2017/01/29

着工から130年、現在も建設中のバルセロナの顔

スペインと言えばココ!バルセロナの街中にあるサグラダファミリア

ココまで言えば、みなさんお分かりかと思います。

世界的に有名な建築家、アントニオ・ガウディが生涯をかけて取り組んだ教会『サグラダファミリア』。

実は、ガウディは最初から建設していた訳ではなかったんです。民間の団体とフランシスコビリャールが建設を計画。

着工されてからビリャールは辞任、無名だったガウディが就任した建設計画は当初300年かかると言われていました。

ではなぜこんなに時間がかかっているのかというと、

お金がないw

これに尽きる。というのも、もとは贖罪教会なので、建築費用などの財源は全て寄付からまかなわれている為なのです。

1990年代以降はスペイン経済の成長や観光客が多く集まり、財政状況が好転し安定しました。

さらに、技術の進化で3Dプリンターなどの導入で人件費と時間を大幅にカットすることができ、完成の予定が早まりました。

ガウディ没後100年にあたる、2026年に完成の予定とされています。

外観は茶色い建物ですが、その内装はとても綺麗なんです。

ステンドグラスが随所に使われているので、太陽の光が入ってくる時間帯は感動ものです。


開館時間の9時を狙うと、比較的すんなり入れるそう。エレベーターも予約が必要です。

ちなみに、エレベーターが故障で止まるのは日常茶飯事だそうでw

予約は確約ではないので悪しからず。

旅行計画の費用がなかなか貯金できないのは池袋にいるお気に入りのデリヘル嬢のせいかもしれません。

 - スペインのこと

  関連記事

デリヘルよりもアツいスペインの情熱に欠かせない
デリヘルよりもアツいスペインの情熱に欠かせない

赤い情熱フラメンコ スペインと言えば!様々な文化、歴史がありますが、代表的な要素 …

日本のデリヘルとは違うスペインの風俗
日本のデリヘルとは違うスペインの風俗

お待たせしました!風俗ネタ解禁 日本のデリヘルは挿入が禁止ですので、海外の風俗と …

デリヘル嬢もスタイリッシュなホテルに呼ばれたい
デリヘル嬢もスタイリッシュなホテルに呼ばれたい

デリヘル嬢も大騒ぎするホテル バルセロナではいつでも観光客が途絶えることなく、グ …